※あらかじめ最初に書きますが、ネタバレはしていません。


長くならない程度に、Twitterには書ききれない程度の感想を述べたいと思います。


これはエンドゲームに対してではなく、11年間の軌跡、MCU最初の役者、ロバート・ダウニーJrに対するものになるかもしれません。

625


2008年、記念すべきMCU第1作目『アイアンマン』が公開されました。

019



日本での公開は『インクレディブル・ハルク』が先だった為、ハルクのスタッフロール後のスタークは時系列も違っていて違和感もありました。

044



それはさておき、主演として選ばれたロバート・ダウニーJr。

939


公開当初の年齢は40代前半くらい、すでに役者としての地位と薬物関連のスキャンダルと、両方に挟まれる悪い意味で当たり障りのない、栄枯衰勢真っ只中の役者としてイメージしていました。


同じような役者としては同年代のチャーリー・シーンのようなイメージ。



なかなか厳しいのではないか?という鑑賞前のイメージ。



そして、個人的に中年男性がヒーローを演じるというギャップ。

バットマンのマイケル・キートンのような成功例もありますが、

640


ハードルはやや高いんじゃないか?

MARVELの作品群からしても、年齢的にもシリーズ化は難しいのではないか、

永きにわたり演じるということは、キャラのイメージが役者に付き纏い、

新たなチャレンジができないのではないか、

だから途中降板なども有り得るのではないか、と。


しかし、フタを開ければ好評。

446


13アイアンマン1


これはもう、アメコミ映画に対する心配を覆す、アメコミに慣れ親しんだ子供だった大人達のリスペクトが産んだ必然的な結果。

882


プレッシャーやハードルや、凄まじい重圧もあったでしょう。

751


6ec22cd71fdc4d7c72bcad45eec9adc2


元となる作品はあれど、現代に上手くヒーロー達を溶け込ませながら、修正修正を繰り返しながらも初めから決めいていたゴールに向かい突き進んだ結果が、エンドゲームだったんだと思います。

MARVELに纏わるトリビアや関連性は星の数ほどありますが、そこを無理なくつなげたのは無限なイマジネーションを具現化したようなスタン・リーとアメコミを愛する人間達。

116


世界中のファンや、新たなファンも巻き込んで、まさにサーガと呼べるような一大プロジェクトとして愛され成立出来ると、誰が想像出来たでしょうか。

882


むしろ、それすらスタン・リーの中ではあらかじめ想定内で、さらにその先を見据えていたのかも知れません。

DDbKYmMV0AE50rQ


キャラクターが増えようが、国際色豊かな役者が増えようが、もうなにもかもが成立できる地盤が最初の1作目で確立されていたような気がします。

20180313174044


若い役者も有名な役者もたくさん出演したMCU作品群。
しかも、降板した役者は片手程度じゃないですか?

こんなことはなかなか起きないと思いました。



本当に今までの映画の概念を全部覆してきたMCU。

一段落とはいえ、いつでも傍に彼らは居るし、戻れます。

未来を歩み続ける我々と、同じ歩幅で進んでくれるでしょう。
そして、いつでも振り返ってまた会える。

873


映画の醍醐味や本質を理解させてもらえたようなそんな作品群でした。

829


5061bbfc

今日は映画感想と共に、俺のクセのある映画の楽しみ方を書き記したいと思います。


たぶん、映画が好きな人や、趣味がある人は同じことをしているかもしれないし、こないたTwitterで記載した



『腐るほど映画のブログはあるから、詳しく知りたきゃネットにたくさん詳細あるし。
ただ感じた事を書いているだけなんだよね』



という呟きとはまったく意に反する書き方になるかもしれませんが、良ければ最後までご覧下さい。




まずは『ビッグ・フィッシュ』感想。


~ウィル・ブルームとその父、エドワード・ブルームは長きに渡り父と子の関係を断絶していた。


きっかけは幼少の頃から父が話す『身の上に起きたホラ話』のせい。


小さい頃は楽しく聞いていられた父の話も、歳とともに、まわりくどく脚色された父の話より『本当の父の話』を知りたいと思う息子、充分父子の心の距離を離すきっかけとなっていた。


そんな父が病に倒れたという一報を聞き、父の元へと数年ぶりに帰省するウィル。


母親から父の荷物の整理を頼まれたウィルはその荷物の中からホラ話に出てきたものを見つけ、話の中に真実も含まれていたことを知る。


命の灯火が消えかかる父と、そんな父の愛に向き合う息子の物語。~


images (5)



原作は1998年に出版されたダニエル・ウォレスのベストセラー作品。



監督は前年に父との別離を経験し、自らも父となって間もなかったティム・バートン。


主演はユアン・マクレガー、また当時ティム・バートンとパートナー関係にあり、ティムの息子ビリー・レイの母でもあるヘレナ・ボナム・カーターが物語のキーパーソンとして出演。

5813-2


319263view003


84742


『バットマン・リターンズ』や『マーズ・アタック』など、ティム・バートン作品に出演経験のあるダニー・デヴィートもサーカスの団長役として出演しています。

46146261_369275270300163_6439982970502800636_n


image


ティム・バートンの作品は気に入った役者を起用するイメージがあるが、それはティム・バートン自身の頭の中で思い描く世界観をしっかり認識できているクセのある役者を選んでいるからな気がします。


逆に『居そうに無い』キャラクターを用いることでファンタジーな世界観を全面に押し出すことに成功しているのかも知れません。



物語は丁寧に父と子の関係を綴りつつ、飽きのこないストーリーテリングの連続で、現実に最も近い幻想を描くことに成功している気がします。

MzjrvqM_d


誰しもが多少は持つ、親と子のわだかまり、

それはいずれ爽やかに解消され、
そこには愛がしっかりとあったということを自らも、我が子やその先に残していけるという監督の思いも描かれていたと思いました。


ティム・バートン調といえばティム・バートン調なんですが、彼の作品の中で1番現代劇だった気がします。
ファンタジーな世界観はあくまでも、父の口から語られる『脚色された体験談』

ビッグ・フィッシュの意味や使い方を知ると作品のイメージもさらに広がります。

・大きな魚
・〈米話〉〔組織内の〕大物、重要人物、有力者、大立者
・big fish in a little barrel
井の中の蛙

物語における父は小さな田舎町を離れ色々な場所で色々な人間と知り合います。

そして、知らなかったものに触れ、今を築き、息子にそれを語ります。

息子は父のそんな話が好きでしたが、現実という世界に触れることで、彼もまた色々なことを知り、父の言葉から距離を置いたのでしょう。

そして、父の死が近づき、父が話した物語の本質に触れ、父が大事なものを遺してくれていたと気がついんたんじゃないかな、と思いました。

わずらわしいと思っていた親の言葉、親になる時その意味を知り、親を亡くす時ありがたみを知るのでしょう。

でも親が生きているうちに、きっかけさえあればより大事な時間を過ごせるとも思います。

そんな気持ちにさせてくれた作品でした。


images (3)




ここからは、俺が陥る『映画にまつわる話から枝分かれして楽しむ映画の見方とそれに伴う問題点』の話。



俺は映画を1本観るのに、たまに時間がかかります。



便利な世の中で、知りたいものはだいたいインターネットにあって、記憶の裏付けや、関連性の広げ方に大変便利で、より面白いものを知るには素晴らしいツールです。


例えば

今回観た『ビッグ・フィッシュ』2003年の作品で脚本はジョン・オーガスト。


ジョン・オーガストと言えばティム・バートン作品の脚本家として常連です。


そんな彼が製作した中にノンクレジットですが『アイアンマン』がありました。


『アイアンマン2』の脚本家にはジョン・オーガストが脚本をした『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』にも出演していた、ジャスティン・セロー。

iron_man_two_ver4


charlies_angels_full_throttle_ver1


ジャスティン・セローは名前だけではピンとこなかったんですが、最近映画でその顔を観ていました。


2017年公開の『STARWARS 最後のジェダイ』でマスター・コードブレイカー役で出演していました。

star-wars-the-last-jedi


1514097308590s


って、こんな感じで永遠と調べつづけて時間が経ち、映画本編以上の時間を費やします。


映画館が好きな理由は『早送り、一時停止、巻き戻し』が出来ないこと。


だからこそ、じっくり集中できるのです。


ちなみに、滅多なことでもない限り同じ作品を頻繁には観ません。

頭に残る鮮度を落としたくないから。

美味しかったものは、美味しかったイメージで残したいから。




ブログに気づいたことや、作品に関することを書けばまとまりが無く永遠書き記しそうな為、このブログでは感じた事だけを記しています。


それでも、良ければまた、遊びに来てください。


今日はその事も伝えたかった。


それでは、また。

最近はCGアニメーションばかりが公開されている中、隠れた傑作と名高いこの作品を久しぶりに鑑賞。


90分ほどの物語の中でしっかりキャラクターを描きつつ、子供が心躍る展開とわかりやすい世界観、将来結婚して子を持つ親になったら一緒に見たいと思える愛着のある作品。


最近では『レディ・プレイヤー1』にてCGとして出演し、話題になりました。

030_m




『アイアン・ジャイアント』



あらすじは


~ある日地球の外からなにかが飛んできた。

それは巨大な鉄のロボットだった。

ある夜のこと、巨大なロボットを目撃したホーガース少年。

跡を追うと発電所で鉄塔を食べているロボットを発見する。

発電所の装置に手を伸ばすロボット。流れた電流のショックでよろめき、発電所のケーブルに絡まる。

感電し苦しむロボット。

そんなロボットを危険を顧みず助けるホーガース。



ロボットは自分を助けてくれたホーガースを慕い、ホーガースもまた子供ながらに心を通わすことが出来る『未知の友人』との出会いに興奮していた。




街では車などの金属が『ガブッ』となにかに食べられているいう事件が多発。



同じ頃、発電所で起きた事件の調査の為、政府から派遣されたマンズリー捜査官が街を訪れる。


発電所のちぎられたような鉄塔。

発電所の作業員の『大きな動物に食べられたかのような』という言葉にまるで信じないかのように笑いながら耳を傾けるマンズリー。


しかし、彼が発電所まで乗り付けた車が『ガブッ』とやられていた。


ただならぬことが起きていると確信したマンズリーは街に残り調査を始めるのだった。


街の人々を巻き込みながら、少年とロボットの不思議な交流が始まった。~




映画が好きな人なら観たことある人結構いると思うけど、もしかしたら、映画が好きな人くらいしか知らない知名度かも。


ロボットのデザインはシンプルな感じ。

hqdefault



作中で多少なり変形もするので、そのあたりは男心をくすぐるポイントかも知れない。

20150616000551



正直、この映画はあっさりしている気はする。

でも、あっさりしてるから迷うことなくストレートに観ている人間へ物語を伝えられている気がする。

訴えかけたいメッセージとか、ここはこう観て欲しい!こう考えて欲しい!とかそういうまわりくどい印象がないのに、心を揺さぶるものがある良い作品です。

物語を描く上でなにか足りない部分もあるんだけど、それでも構わない雰囲気。

大事なのは少ない登場人物をしっかり描けているか、そこに成功しているからこそ、印象に残る素晴らしい作品になっているんだと思います。


あえて、続編はいらないかな。

だって、ラストは希望とか安心出来る感じの終わり方。

経過はどうあれ、あの最後はあれで良い。
余計にその後を描こうとしたら、一気に作品の質は下がると思う。



もうそろそろ実写映画化しても良いんじゃないかな?

この作品を知らない子供たちも、この作品を知っている大人達も、みんな待っていると思う。


観た事がない方、良かったら観てください。


深く考えなくて良い。

こういうのたまに観たかったんだって思えるし、それでいて必ず頭の片隅に残る映画。



子供の時のワクワクを思い出させてくれる、大好きな作品です。

_SY445_

↑このページのトップヘ